江藤のアイアイ

その割合はですが、キャッチャーのバッティングというのを至極注目せずに、ガイドとか、形ではわからないものを重視してしまっているのでね。
では、キャッチングをね。そうして、盗塁禁断のためのスローイング。これを本当にできるようにしてからですよ。
特典の高いところはココ
例えば、今だと、ソフトバンクの役割みたいなあれだけの強肩捕手いれば、とにかくトップでしょうね。バッティングはある程度は瞳をつむるとしてですが、でも2割5パイは打ってほしいっていうのは、正直な気持ちではあるのよね。
のち、バッティングね。打てなくても良好というのもどうにかってね。で、打たれたら、キャッチャーは何をしているのか?とか言って怒られるとかあるのでしょうし、割の合わない現職ですな?というね。
おいらだったら、やりたくない現職ですし、外傷もし易いし、やりたくはないね。
も、醍醐味は生じる現職ではあるしね。そのあたりね。ついにしないとね。とまあ、苦しいからこそ嬉しいのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です